忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供ボランティア街ネタ
  3. 記事詳細

38年続いた立ち番 少子化でピリオド

 2017年03月18日 
吉栖清美さん(右)や大人に見守られ、国道交差点を渡る子どもたち
 交通量の多い国道を横断して登校する児童を事故から守ろうと、福浦本町地区のPTAと住民によって38年間にわたって続いた見守り活動が、少子化のため今年度でひとまず終了することになった。
 3学期の終業式がある24日が最後の活動日。開始当初から毎日活動に参加した吉栖清美さん(77)は「38年間、誰一人交通事故に遭わなかったのが何より」と無事故を喜びつつ、子どもの減少をさみしく感じてもいる。
 赤穂西小学校まで電車通学する同地区の大部分は駅から国道250号をはさんで北側にあり、乗車駅の備前福河駅に行くには国道交差点を横断しなければならない。その交差点は過去に3件の死亡事故が発生するなど事故が多く、同校が開校した昭和53年の2学期から保護者の輪番による立ち番が続いてきた。
 吉栖さんは保護者としての当番が終わった後も、「毎朝、子どもの顔を見るのが楽しみ」と引き続き参加。12年前からは「地域ふれあいの会」の会員にもなり、ボランティアで安全を見守ってきた。
 毎朝7時20分ごろ、自宅から約80メートル先の「福浦橋」交差点へ。黄色いジャンパー姿で警棒を持ち、当番の保護者に付き添われてやって来る子どもたちを待つ。児童らが交差点を渡った後も電車が駅を発車するまでは、その場を離れない。「たまに忘れ物を取りに帰る子がおるからね。そんなときが一番危ないから」。
 記録によると、同地区の児童数は昭和55年の70人をピークに徐々に減少し、今年度は6人。そのうち今春で3人が卒業、2人が転校する。残る一人は国道よりも南に家があるため、国道を渡って登校する児童は4月からはいなくなる。
 子と孫の計7人を見守ってもらったという香山久香さん(73)は「立ち番のおかげで安心して子どもを送り出すことができました」と話し、目木達也校長も「長い間、子どもたちを見守ってくださり、頭が下がります」と感謝を表した。
 「昔は子どもだけじゃなく、高校生や会社勤めの人も多くてね。大勢この交差点を通ったもんです」と、かつてのにぎやかな朝の風景を懐かしむ吉栖さん。国道より北側の子どもで小学校に進学するのは数年先といい、吉栖さんは「そのときに、また立ち番できるくらい元気でおりたいね」と笑顔で話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月18日(2224号) 1面 (13,203,259byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中