忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

柴原家文書の活字化第1弾

 2017年03月18日 
 赤穂市教委は、近世の赤穂を代表する豪商が書き残した「真光寺旧蔵・柴原家文書 年中用事控」(市指定文化財、全25冊)の第1冊から第5冊までを活字化。『赤穂市史史料集』第3集として14日刊行した。
 「年中用事控」は広大な塩田を所有して塩問屋や木問屋などを営み、藩の蔵元役も務めた柴原家が江戸中期(寛延)から幕末(慶応)まで三代約120年間にわたって書き残した記録。蔵元役としての記載や塩、廻船に関するものなど内容は多岐にわたるという。
 今回の史料集は年代の古いものから5冊(寛延元年〜天明7年)を収録した。藩主・森家の家督や慶弔のほか、洪水で損壊した橋の復旧費用を藩に貸し付けたことや、穀物価格の急騰による窮民救済で米を提供したことなどの記述が見られる。藩から出された倹約や疫病対策などの触書、「最近、偽札が出回っている」といった情報も書き留められ、当時の社会情勢や暮らしぶりもうかがえて興味深い。
 刊行を担当した市教委市史編さん室の小野真一課長は「赤穂藩と蔵元の関係や動向を把握する上で重要な史料。今後の研究に役立てば」と話している。第6冊以降も数回に分けて活字化を進める。
 A5判228ページで1000部発行。一部350円(送料300円)で頒布する。Tel43・6848。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月18日(2224号) 4面 (13,203,259byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←風評被害のないように(12/03)
  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺