忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供ボランティア
  3. 記事詳細

「子ども食堂」がプレオープン

 2017年03月04日 
プレオープンした「あこう子ども食堂」。第1木曜はカレーライス、第3木曜は月替わり定食を提供する
 さまざまな事情で一人で食事している子どもや満足な食事を摂れていない子どもたちに食事と団らんを提供する「あこう子ども食堂」が2日、加里屋の花岳寺通商店街にプレオープン。ボランティアが調理したカレーライスが振る舞われた。4月から月2回開設する。
 商店街沿いの空き家を再利用したコミュニティスペース「古民家tunagu(つなぐ)」で第1・3木曜日の午後4時〜7時半に開く。利用できるのは市内在住の中学生以下と、その保護者。ボランティアが調理した食事を子どもは無料、大人は300円で提供する。大学生や高校生のスタッフも協力し、食事の前後に勉強を教えたり、一緒に遊んだりする。
 子ども食堂は、子育て支援の取り組みとして全国各地に広まりつつあるボランティア活動。行政による支援が行き届かないケースの受け皿としても活用されている。西播磨県民局管内では初めて。
 運営主体となる赤穂市地域活動連絡協議会の岩崎由美子会長(52)は「赤穂でも、きっと『子ども食堂』を必要としている子どもがいるはず、と思って開くことにしました」と話す。冷蔵庫と給湯器は県の「子ども食堂応援プロジェクト」補助金で購入。食器やテーブルなどの備品は知人や友人が余っているものを提供してくれた。米、野菜、肉など食材を継続的に無償提供してくれる人も複数現れ、「本当にありがたい」(岩崎さん)と感謝している。
 プレオープンには小学生や幼稚園の親子4組が訪れた。小学1年生の長女を連れて参加した母親は「一人っ子で、こうしてにぎやかに夕食を食べることがないのでうれしそう。いつもよりたくさん食べてます」と、おいしそうにカレーをほおばる子どもに目を細めた。
 本オープンは4月6日(木)。事前申込み制で開催日の一週間前まで先着順に20人程度を受け付ける。未就学児は保護者の付き添いが必要。
 「地域ぐるみで子どもを大事にする、垣根のない居場所を作っていきたい。子どもたちにはおなかいっぱい食べてほしい」と岩崎さん。引き続き食材や備品の提供、ボランティアスタッフを募っている。問い合わせはTEL070・6547・1886。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月4日(2222号) 1面 (13,192,171byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

確かに継続すべき❗行政の予算と石田三成様の温かい予算があれば大丈夫です。きよものんきで応援します

そう思う 0

投稿:忠臣蔵の恋 2017年03月05日
子供の居場所作りという意味でも素晴らしい事をされようとしています。ただ、継続させていこうとすると物資等の協力が不可欠です。地域の力で応援していければ、と思います。

そう思う 0

投稿:石田三成 2017年03月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺