忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

5日開催「赤穂かきまつり」

 2017年01月31日 
2年ぶりに開催される「赤穂かきまつり」のPRちらし
 旬を迎えた冬の味覚を楽しめる「赤穂かきまつり」が2月5日(日)、御崎の赤穂海浜公園で開催される。昨年は収量不足で中止となり、開催は2年ぶり。JR赤穂線沿線で2月中に4カ所で開かれる「かきまつり」の皮切りで、大勢の人出でにぎわいそうだ。
 「今年のカキは身入りがいい」と漁協関係者。当日は約5トンを用意し、むき身(約400グラム)1000円、殻付き(約1・2キロ)1000円で1人各2袋まで即売する。カキの風味が味わえる「かき味噌汁」(1杯100円)は3000杯限定。いずれもなくなり次第終了となる。
 例年長蛇の列ができる焼きガキコーナーは炭火で焼いた殻付きカキ約5000個を無料で提供。約40店が並ぶブースゾーンではカキフライ、カキ飯、カキお好み焼きなどカキ料理のほか、地場産野菜などを販売する。上位10人にカキが当たる「かき重さあて大会」は正午まで受け付ける。
 公園北側ゲート南の赤穂広場一帯で午前9時〜午後2時。雨天決行。当日に限り駐車場を無料開放する。JR播州赤穂駅からシャトルバス(片道190円、小学生以下100円)を運行。問い合わせは「赤穂かきまつり実行委員会」Tel48・8611(坂越かき販売所内)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年2月4日(2218号) 1面 (17,417,301byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺