忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《御崎メガソーラー問題》告訴トラブルを事業者が謝罪

 2016年12月27日 
 御崎のメガソーラー建設をめぐり、事業者と地元自治会役員との間で生じていたトラブルについて、自治会役員は事業者からの謝罪を受け入れ、このほど和解した。
 自治会役員とトラブルになっていたのは、本事業の許可申請者である京電(京都市西京区)。平成27年11月に自治会役員らが工事を妨害したとして、警察に告訴していた。
 同社の社長ら幹部2人は今月23日に赤穂市役所に来庁。明石元秀市長、家入時治議長の立ち合いで亀井義明・御崎地区自治会連合会長と面会し、文書で謝罪した。
 文書によると、「長期にわたり精神的苦痛を負わせましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます」などと謝罪。「今後、自治会様のご要望もよく聞いて工事を行うよう、当事業を継続する事業者様へ伝えます」とプロジェクトの事業主体を別の企業に引き継ぐ意向を示した。
 関係者の話では、下請け業者としてプロジェクトに参加している九電工が京電に代わって事実上の事業主体となる見通し。草木が除去されて裸地となった建設予定地は雨で地面が削られて亀裂が生じ、住民の不安が高まっており、亀井会長は「どこが事業者になろうとも、一日も早い安全対策へ向けて早急に事業計画を説明するよう求めていく」と話している。


掲載紙面(PDF):
2017年1月1日・第2部(2214号) 4面 (12,418,503byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中