忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2016年【4月〜6月】

 2016年12月27日 
 〔4月〕
 ▼地域福祉の新拠点竣工=赤穂すこやかセンターが南野中にオープン。新たに乳幼児一時預かりサービスを開始。
 ▼坂越大橋が開通=高野−浜市間の千種川に架かる国道250号に坂越大橋が開通。交通渋滞が劇的に緩和。
 ▼カンガルーにベビーラッシュ=御崎の赤穂海浜公園「動物ふれあい村」(緒方卓也村長)でオオカンガルーの雌5頭が1頭ずつ出産。
 ▼北前船寄港地でまちおこし=かつて北前船が出入りした寄港地としての歴史を掘り起こして地域の魅力づくりにつなげようと、坂越の住民グループ「坂越のまち並みを創る会」(門田守弘会長)が日本遺産認定を目指して活動に乗り出した。
 ▼入札制度に変動型を試験導入=赤穂市は、市が発注する公共事業の競争入札の一部で変動型最低制限価格制度を試験的に導入した。実勢価格に基づいた積算、不正防止を目的。
 ▼スポーツ吹矢の支部設立=日本スポーツ吹矢協会「よしってっけぇ赤穂支部」(小林正典支部長)が発足。健康増進に役立つニュースポーツの普及振興図る。
 ▼「赤穂防災士の会」発足=NPO法人日本防災士機構防災士の認証を受けた防災士と会の趣旨に賛同する15人で発足。減災に重点置いて地域防災力の向上目指す。
 ▼災害時用に井戸ポンプ=災害で断水した場合に避難所のトイレで使える水を確保しようと、指定避難所の小学校に地下水を汲み上げる手押し式ポンプを整備。
 ▽電力小売り自由化▽熊本で地震、死者50人に▽三菱自動車が燃費データ偽装▽囲碁の井山裕太が史上初7冠▽「パナマ文書」公開
 〔5月〕
 ▼産廃処分場建設に「反対」署名=西有年地内の管理型産廃最終処分場建設計画について、西有年自治会(田渕和彦会長、248世帯)が「建設反対」の嘆願書と住民署名612筆を赤穂市長へ提出した。市議会は市庁舎などに「建設反対都市宣言」のPR懸垂幕を掲出。11月には「梨ヶ原・赤穂(西有年)産廃に反対する会」(中川和美夫代表)が県知事宛てに反対署名8831筆を提出した。
 ▼ビートルズ・サロン開設=イギリス出身の人気バンド「ザ・ビートルズ」をこよなく愛する北野中の広告宣伝デザイナー、岡本備さん(65)が加里屋の古民家をサロンに。約50年間かけて集めた2万点を超える収蔵品から約400点を展示。
 ▼登山道に距離表示板=登山サークル「オタカクラブ」(小賀紀明会長)は活動拠点とする雄鷹台山(標高253メートル)の登山道沿いに、歩いた距離の目安となる立て札をこのほど設置。1合目から10合目まで10カ所に。
 ▼日本の食文化を発信=素材にこだわった塩づくりや味噌づくりなどを楽しめるキッチン付きイベントスペース「天塩スタジオ 赤穂」が坂越の赤穂化成本社内にオープン。体験教室や食育セミナーなどを通して和食文化の発信に役立てる。
 ▼吉良から観光大使来穂=吉良上野介ゆかりの吉良町出身で西尾市観光親善大使を務める演歌歌手、葵かを里さんが来穂。ステージで持ち歌を披露した。
 ▽伊勢志摩サミット開催▽オバマ米大統領が広島訪問
 〔6月〕
 ▼念願のダービー初制覇=競馬のGI・日本ダービーで坂越出身の友道康夫調教師(52)=赤穂観光大使=がマカヒキ号で優勝。10月には仏GI・凱旋門賞にも挑み、話題を集めた。
 ▼ドクダミ栽培で農地守ろう=日当たりや水はけの悪い土地でもよく育ち、収益率の高い薬草栽培を耕作放棄地問題解消の一助にと元兵庫県農業改良普及員の奥本幸正さん(66)=上郡町高田台=が提唱。
 ▼防災行政無線の運用開始=市役所の親局から市内98カ所の屋外拡声子局へ災害関連情報や避難情報などを伝達する。
 ▼中学ソフトテニスの都道府県対抗で優勝=ソフトテニスの第27回都道府県対抗全日本中学生大会で兵庫県代表として男子団体優勝した平成町の高田錬君(15)=赤穂西3年=が市役所を表敬訪問。
 ▼遺句集を刊行=天為塩屋俳句会を創設した加里屋の故杉山倭文(しづ)さん(本名・シヅ子)の遺句集『母星(ははぼし)』。遺族が4年がかりで編集。
 ▼お寺でパン料理教室=早朝坐禅とパン料理教室をセットにしたユニークな文化講座「花岳寺で朝食を。」が加里屋の花岳寺(片山元道住職)で月1回開かれ、「心もお腹も満たされます」と好評。
 ▼旧赤穂上水道の完成から400年=江戸神田、福山と並び日本三大水道の一つに数えられる旧赤穂上水道が元和2年(1616)に完成してから400年の節目となり、記念事業を通年開催。
 ▼アサガオで花いっぱいに=アサガオ栽培を長年の趣味としている、さつき町の安川昭雄さん(89)が、自分で育てた花苗約1500株を無償配布。「アサガオで花いっぱいのまちにしたい」。
 ▼柔道の日本マスターズ優勝=柔道の第13回日本マスターズ大会が18・19日に東京都文京区の講道館であり、赤穂市柔道協会の馬場猪虎雄(いこお)さん(68)=加里屋、五段=が男子65〜69歳66キロ級で初優勝。
 ▽消費増税の延期決定▽新元素の名称「ニホニウム」に▽イチロー、日米通算で最多安打記録▽選挙権年齢18歳に引き下げ▽東京都知事、舛添氏辞職し小池氏当選▽英国民投票で「EU離脱」
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年12月23日(2212号) 1面 (11,037,555byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 【社説】民意拒否するだけの理由あったのか←スタンス(01/22)
  • まつげエクステのプライベートサロン←岡本(01/22)
  • 【社説】民意拒否するだけの理由あったのか←責任取りたくない(01/22)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺