忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「宮造り」山鹿灯籠を奉納

 2016年12月06日 
赤穂大石神社をかたどった山鹿燈籠
 討ち入り後の義士を預かった縁で赤穂市と姉妹都市提携を結んでいる熊本県山鹿市から伝統工芸「山鹿灯籠」で制作した赤穂大石神社の社殿が同神社へこのほど奉納された。
 山鹿灯籠は和紙を素材に縮尺した城や社寺などを精巧に組み立てる。室町時代から600年以上続き、国の伝統工芸品に指定されている。木や金具は一切使わず、柱や障子の桟にいたるまで中がすべて空洞になっているのが特徴。神社を題材にしたものは「宮造り」と呼ばれ、「燈籠師」が一つの作品に数百時間をかけて完成させる。
 今回奉納されたのは、山鹿燈籠の奉納団体「山鹿燈心会」(三浦貴子代表)が制作した宮造りで台座を含めて高さ90センチ、横151センチ、奥行き101センチの大きさ。燈籠師の田中久美子さん(60)が、ひさしの裏側まで丹念に作り込んだ。
 「友好のしるしに」と同会と山鹿ロータリークラブ、山鹿市が合同で同神社へ贈り、来週13日に山鹿から関係者24人が来穂して奉納奉告式を行う。飯尾義明宮司(67)は「山鹿と赤穂の絆の品としてありがたく、大切にさせていただきたい」とし、拝殿で参拝者に披露している。
[ 城西地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 晴れの全日本フェスへ「心は一つ」←ブラスファン(11/17)
  • 晴れの全日本フェスへ「心は一つ」←ナイス忠臣蔵(11/16)
  • コラム【陣太鼓】幻に終わった「鹿久居島原発」計画←そうご(11/15)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中