忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】赤穂港に大量の泡

 2016年10月22日 
赤穂港に漂う泡=10月17日午後
 加里屋の赤穂港(新港)で海面に大量の泡がたまっています。日によって量が変わりますが、もう何年も前からです。おそらく工場からの排水が原因ではないかと思うのですが、調べてもらえないでしょうか。(市内の男性)
 * * *
 男性から連絡を受けた10月17日、本紙が現地へ見に行くと、茶色がかった白い泡が多数海面に漂っていた。港湾の北寄りは風で吹き寄せられた泡で覆われ、水面がまったく見えない状態。泡の動きをたどると、港の西側の岸壁にある排水口にたどりついた。
 赤穂市環境課によると、泡を含んだ水を排出しているのは日本海水赤穂工場の排水口で、市が同社との環境保全協定に基づき年4回実施している水質検査では「異常はみられない」という。泡がいつから排出されているかは「記録がない」とのことではっきりしないが、「あそこは泡があるのが普通と思っていた」というから、相当以前から常態化していたと思われる。
 この件について、日本海水赤穂工場に取材した。同社によれば、排水口から放流しているのは塩分抽出後の海水。「もともと原水に含まれていた土や砂、プランクトンなどの不純物」が水流によって泡立ち、大雨で川から土砂が海に流れた後に特に目立つという。
 また、海水温の高低によって使い分ける2種類の排水ルートのうち、高水温用の方が泡立ちやすい構造のため夏場に増える傾向があるという。赤穂民報が取材を申し入れた翌日から同工場が低水温用ルートに切り替えたところ、泡の量は劇的に減少した。
 市環境課は「もともと海にあったものを、再び海に返しているだけなので問題ない」との回答。同社は「泡はいわゆる『波の花』と同じようなもので環境への影響はありませんが、低減するための対策を講じたい」と話している。
 * * *
赤穂民報より
 日本海水赤穂工場には今年6月、兵庫県知事から「兵庫県環境にやさしい事業者賞」が贈られました。また、同社は環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を取得しています。「環境への影響はありません」とのことですが、景観にも配慮した環境対策が求められるのではないでしょうか。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年10月22日(2203号) 3面 (11,092,257byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺