忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

消防殉職者顕彰碑で清掃奉仕

 2016年07月31日 
「消防殉職者顕彰碑」の周辺を美化清掃する「緋ぐるま会」のみなさん
 消防活動の任務中に亡くなった団員を慰霊する「消防殉職者顕彰碑」の美化清掃が31日に行われ、赤穂市消防団OB組織「緋ぐるま会」(梅本弘幸会長)が石碑を囲む植栽を刈り揃えるなどして景観を整えた。
 赤穂市内では昭和24年と45年に発生した山火事で計4人が殉職した。顕彰碑は当時の団員らが宍粟から適した自然石を調達して47年に建立し、その翌年から同会が毎年清掃奉仕を続けているという。
 この日は顕彰碑がある中広の城南緑地公園駐車場に会員と消防本部職員の計約45人が集まった。顕彰碑の建立に関わった元消防団長の野古智陸(のこ・としみち)さん(91)=塩屋=は「宍粟の消防の人たちの厚意で石を持ち帰ることができた」と当時の思い出を懐かしんだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年8月6日(2195号) 3面 (11,586,359byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

野古さんは、およそ27年程前消防団長を勤められていたと思います。肩書きが元分団長となっていますが?
投稿:野古さんは… 2016年07月31日
 ご指摘のとおりでした。編集者の確認不足でした。肩書きについて、「元分団長」から「元消防団長」に記事を修正しました。
投稿:赤穂民報 2016年07月31日
この世界、肩書きにうるさいです。引退されてもその辺り序列に拘ります。
投稿:ありがとうございます 2016年07月31日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数協議「現状維持」が大半←自治会員(01/26)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←改革派(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←一自治会員(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中