忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

創作きりえ昔話・潮吹き穴と赤穂の塩(五)

 2016年05月21日 
 
 一年が過ぎ、二年目と頑張った。何かに取りつかれたように、夢中で岩を運び出していた。たったひとりでも、毎日、少しずつだが石を運び出していると、やがて洞窟の入り口が見えてきた。
 しかし、崩れ落ちた岩は、ずっと奥の方まで、続いていた。それを見ても、為吉は、あきらめることはなかった。あと、ひと踏ん張りすればいいのだ。為吉は、もうじき、石運びが終わると思って、さらに石運びに精を出していった。そして、もうすぐ三年が終わるという頃、とうとう洞窟の奥に到達した。
 為吉は、洞窟の一番奥の壁に、白く光る大きな岩があるのを見つけた。為吉は、その岩を人差し指でこすって、その指をなめてみた。
 「しょっぺー!」
 為吉は、ペッ、ペッと唾を吐いた。ものすごいしょっぱさだった。為吉は、海のしょっぱさは、やはり、ここから来ているのに違いないと思い、洞窟の入り口に積んであった残りの岩を取り除いた。
 その日から、大きな波が打ち寄せるたびに、海の水は、洞窟の奥まで入っていき、突き当りの白く光る岩に勢いよくぶつかり、跳ね返った。跳ね返った海水は、岩の壁をよじ登り、崖の途中にある穴から勢いよくプオーと海水を噴き出したのだった。
 為吉は、毎日、海の水をなめてみた。少しずつ、しょっぱさが増していた。為吉が考えた通り、洞窟の白く光る岩にぶつかった水が、岩の塩を解かして、混ざっていくのだ。その水が塩の水となって、崖の穴から噴き出していたのだ。
 毎日のように「潮吹き穴」から噴き出した塩水は、海に落ちていった。だから、少しずつだが、海の水のしょっぱさが強くなっていったのだ。(作・切り絵 村杉創夢)
 *  *  *
 ▽村杉創夢=30歳ごろから趣味の切り絵を始め、歳時記や風景を題材に通算40回の個展を開催。自宅に「村杉きりえギャラリー」を開設し、オリジナルの物語に切り絵を組み合わせた「創作むかしばなし」の制作にも取り組む。東京都町田市在住(赤穂市出身)、71歳。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年5月21日(2185号) 4面 (11,631,899byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 玩具万引き 共犯容疑の19歳男を逮捕←とある人(01/28)
  • 《浄水施設担当課長汚職》「深く深くお詫び」牟礼市長が謝罪会見←小さな市民(01/28)
  • 《浄水施設担当課長汚職》「深く深くお詫び」牟礼市長が謝罪会見←コンプライアンス(01/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺