忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 絵本で世界を旅しよう
  3. 記事詳細

ウルグアイ大統領の思い

 2016年04月16日 
『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』 ○編/くさばよしみ ○絵/中川学 ○汐文社
 中央・南アメリカ大陸は、インカ帝国やマチュピチュなどの古代文明が栄えた土地です。一方、アマゾン川流域には、秘境と言われる地域が今も残されています。そこには、いろいろな伝承文化が息づいています。でも、それらの文化が絵本となって紹介されているのは、ほんの数冊に過ぎません。
 2012(平成24)年、ブラジルのリオデジャネイロで、環境の悪化についての国際会議が開かれました。
 この会議に出席したウルグアイのムヒカ大統領は、質素な服装で次の四点について演説し、高い評価を得ました。
 ・人と人とが幸せな関係を結ぶこと
 ・子どもを育てること
 ・友人を持つこと
 ・地球上に愛があること
 ウルグアイは、世界で一番貧しい国と言われています。ムヒカ大統領は、給料の大半を貧しい人々に寄付し、公邸に住まず、古びた愛車を自分で運転し、仕事に向かっています。そんな大統領を、ウルグアイの人々は親しみを込めて「ペペ」と呼んでいます。
 今日の世界の動きは、その多くが経済を発展させようという論議ばかりです。開発が十分でない国々を、どう開発していくのか、という話ばかりで、そこに住む人々の幸せについて考えているとは思えません。
 なぜ、質素な暮らしが恥ずかしいことなのでしょうか。ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチをゆっくりとかみしめながら、地に足を付けた暮らしをしたいものです。
  * * *
 『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』○編/くさばよしみ○絵/中川学○汐文社
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年4月16日(2181号) 4面 (10,359,763byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺