忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

創作きりえ昔話・潮吹き穴と赤穂の塩(三)

 2016年03月26日 
 
 さっそく、為吉は、その岬の突端まで行って見た。
 このあたりの岬は、山が海岸近くまでせり出してきていて、砂浜があまりない。海のそばに山があるという場所である。為吉は、崖のような急な斜面を、恐る恐る下りて行って、ようやく海岸にたどり着いた。しかも、海岸にある石は、ごつごつした角のある石ばかりで、歩くのにも苦労した。
 そんな石の上を歩いて、潮吹き穴を探して回った。そして、明らかに崖崩れでできた大きな石と砂の山を見つけることが出来た。
 そこには、崩れ落ちた岩が山のようになっていた。その下に、たしかに洞窟らしきものがある。しかし、完全に崩れ落ちた岩でふさがれていた。そして、岬の岸壁の途中に穴が開いていることが分かった。これが潮吹き穴に違いないと為吉は、じっと、洞窟に入り口と潮吹き穴を眺めながら、考えた。幅が一間(180センチ)、高さは半間(90センチ)くらいしかない小さな洞窟の入り口である。
 あの穴は、本当に潮吹き穴なんだろうか? この岩を取り除いたら、ほんとうに塩辛い海が戻ってくるのだろうか。この岩を取り除くのには、何年もかかるけれど、一人でできるだろうか。考えれば考えるほど、わからなくなってしまう。
 じっと、崩れ落ちた岩を見つめ、その下にあるらしい洞窟を考えたとき、見えない力が「おやりなさい。おやりなさい。おまえなら出来る」と、為吉の背中を押しているような気がした。そして、洞窟が、苦しそうに助けてほしいと叫んでいるように見えてきた。
 為吉は「よし!」と大きな声を出して立ち上がった。為吉は、やってみるしかない。ダメだったら、あきらめるしかない。そう考えて、思い切り大きな声を出して決心したのだ。(作・切り絵 村杉創夢)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年3月26日(2179号) 4面 (10,784,422byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺