忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

創作きりえ昔話・潮吹き穴と赤穂の塩(二)

 2016年02月27日 
 
 為吉は、昔から、このあたりの海には、たくさんの魚がいたし、貝やエビなどもたくさん取れていたこと聞いていた。
 それなのに、どうして、このあたりで急に、魚がとれなくなったのか。どうしたら、昔のように魚がとれるようになるのか、一生懸命考えた。でも、考えても、どうしてもわからないことばかりだった。
 為吉は、あちこちにいる年取った漁師の人達に聞いて回った。このあたりで、何か変わった出来事がなかったかを聞いて回ったのだ。そうすると、一つ分かったことがあった。それは、岬の突端に「潮吹き穴」と呼ばれる洞窟があったのだが、かれこれ五十年も前の話だが、大きな地震が起きて、岩が崩れて「潮吹き穴」の洞窟がふさがってしまったそうだ。
 「潮吹き穴」というのは、大きな波が、ザバーンと打ち寄せると、波が洞窟の中まで入っていき、しばらくすると、崖の途中にある穴から、プオーと海水を噴き出していたそうだ。だから、昔の人たちは、「潮吹き穴」とこの洞窟を呼んでいたそうだ。潮吹きというくらいだから、塩のような、しょっぱい水を噴き出していたのではないかと為吉は、考えた。
 その地震の後、潮吹き穴から、潮を噴き出しているところを見た者はいないことが分かった。魚がいなくなったことと、潮吹き穴がふさがったことに、何かつながりがあるのではないかと考えたのだ。
 だとすると、潮吹き穴を探さなくてはならない。潮吹き穴が本当にあるのか。地震で、その洞窟がふさがってしまったのか。このことを、全部調べてみようと思い立ったのだ。(作・切り絵 村杉創夢)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年2月27日(2175号) 3面 (10,228,700byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》上郡町の住民投票条例案 町議会が否決←え?(01/21)
  • 《西有年産廃》上郡町の住民投票条例案 町議会が否決←Momo(01/21)
  • 《西有年産廃》上郡町の住民投票条例案 町議会が否決←理解出来ない(01/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺