忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

御崎で体長3・2メートルのカジキマグロ

 2016年01月22日 
御崎の海岸に打ち寄せられたメカジキ
 御崎の海岸で22日、1頭のカジキマグロが波打ち際に漂っているのを、海岸沿いを散歩していた男性が見つけ、本紙へ知らせてくれた。
 体長約3・2メートルあり、カジキの特徴を示す長い角のような「吻(ふん)」が突出。写真を見た神戸市立須磨海浜水族園によれば、カジキ類で最大級の種類とされるメカジキとみられる。
 発見した尾崎の村上幸(みゆき)さん(74)によると午前9時半ごろ、伊和都比売神社から海岸沿いの遊歩道を散歩中、「大きい魚みたいなのがプカプカ」浮いているのに気付いた。
 話を知らせた釣り仲間5人と一緒に近づくと、岩と岩の間に頭側が入り込んで動けなくなっており、やがてエラが動かなくなったという。通報を受けた市美化センターが手配した漁船で御崎港まで曳航。重機で陸に吊り上げ、処分地へ運んだ。
 同水族園の話では、赤道付近を主な生息地域とするカジキ類の中でメカジキは比較的寒さに強く、水温5度でも生存できるという。しかし、瀬戸内海で見つかることは珍しく、「迷い込んだか、夏場に瀬戸内海を回遊してそのまま居残ったかのどちらかではないか」と推測した。
 2年ほど前から釣りを始めたという村上さん。普段はキスなど小魚を釣ることが多いといい、思ってもみなかった超大物に「まさか御崎の海でカジキに会えるとは」と驚いていた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年1月30日(2171号) 1面 (12,032,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市職員の人事異動2020年4月←赤穂民報(03/28)
  • 《西有年産廃》無届け伐採「欠格事由に当たらず」←あこうひみん(03/27)
  • 《西有年産廃》無届け伐採「欠格事由に当たらず」←テンユウ(03/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中