忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

解体中の民家使って災害救助訓練

 2015年11月29日 
解体中の家屋を活用して行われた災害救助訓練
 赤穂市消防本部は、取り壊し解体中の家屋を使った災害救助訓練を29日に実施。地震の倒壊家屋から要救助者を助け出す想定でレスキュー技術と指揮能力の向上を図った。
 実際の災害現場に即した環境下で訓練しようと企画。老朽化で解体中の北野中市営住宅を訓練場に設定し、赤穂消防署の隊員19人が参加した。
 「民家が大地震で倒壊し、中に人が取り残されている」との想定で、隊員には要救助者の人数や位置を知らせずに実施。隊員は棒の先端にマイク付きカメラを取り付けた機材などで中の様子を確かめながら慎重に捜索した。穴の空いた屋根をチェーンソーで切り開いて内部へ進入し、要救助者に見立てた人形を発見。ささくれた木材や飛び出た釘などに注意しながら担架で運び出した。
 2分隊が時間を区切って交替しながら捜索し、開始から約1時間で3人の要救助者を救出した。分隊長として現場を指揮した警防課の廣井紀吉・救助隊長(42)は「足場が不安定な中での活動を経験できたことに意義がある」と語った。
 反省会では「建物全体の状態を把握して安全確保する必要がある」「もっと隊員間のコミュニケーションをとろう」などと課題を共有した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年12月12日(2165号) 3面 (10,771,644byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

兵庫DMATは参加していないのかな?
投稿:兵庫DMAT 2015年11月29日
何でも参加すればいいもんじゃない。
DMATが出る前の段階です。
救助訓練の意図・内容からDMAT参加の必要なし。
投稿:通りすがりの見学者 2015年11月29日
内輪の訓練です。そして反省会をして今後の活動に生かして行くのですね。我々市民としてイザに備えて訓練して頂きありがとうございます。災害の多様化に備え訓練する事は、イイ事ですね。広域訓練もイイのですがまずは内輪でしっかりと態勢づくりする事も大事ですね。
投稿:内輪話 2015年11月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←未来(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←ですよね。(01/25)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←一市民(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中