忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

林鶴雄が描いた「懐かしい風景」

 2015年08月28日 
林鶴雄「路上に画く」1940年、姫路市立美術館
 姫路市立美術館で開催中の展覧会「懐かしい風景」で赤穂ゆかりの画家、林鶴雄(1907−90)の「路上に画く」が展示されている。
 林は龍野に生まれ、養子として幼少期を赤穂市福浦で過ごした。成人して一旦は教員となったが画家を志して29歳で上京。藤田嗣治、安井曾太郎に師事し、コンクールで入賞を重ねた。昭和20年、戦火を避けて赤穂に疎開した。
 同美術館の山田真規子学芸員によれば、小学校の教師だった林は校庭や教室、路上で遊ぶ学童の絵を多く残しているという。「路上に画く」(油彩・布、38・0センチ×45・5センチ、同館蔵)も、路面にろう石で絵を描く子どもたちをモチーフにしている。
 昭和15年の作品で、林が東京に住んでいたときに描いたものと思われる。おかっぱや刈上げという子どもたちの髪型や前掛けが懐かしさとかわいらしさをほのぼのと感じさせる一方、男の子が描いている戦闘機の絵が軍靴の響きの高まりを鋭く映し出している。
 山田学芸員は「子どもの描く対象が世相を表しており、子どもといえど時代の中に生きているということをよく示している作品といえるのではないでしょうか」としている。
 展覧会「懐かしい風景」は、今日では失われつつある昭和の面影をテーマにした作品を集めた。10月4日(日)まで午前10時〜午後5時、月曜休館(ただし、9月21日は開館して24日に休館)。一般600円、大学・高校生400円、中学・小学生200円。Tel079・222・2288。
 * * *
◎読者プレゼント=展覧会「懐かしい風景」の招待券2枚組を5人の方にプレゼントします。はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒678・0239、赤穂市加里屋58の18、赤穂民報「読者プレゼント係」へご応募ください。9月7日(月)消印有効です。賞品の発送をもって当選発表とします。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月29日(2150号) 4面 (10,830,156byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←未来(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←ですよね。(01/25)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←一市民(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中