忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 戦後七十年語り継ぐ
  3. 記事詳細

戦後七十年・語り継ぐ(4)〜防毒マスクを携行して疎開

 2015年08月06日 
鳥井さんの姉あい子さんが持ち帰った防毒マスク
◆鳥井廣夫さん(80)=坂越
 昭和19年の何月かはわかりませんが、大阪におった一番上の姉が疎開してきました。姉は私より14歳上で、22か23歳やったと思います。大阪帝国大学附属の看護婦養成所を出て、貝塚病院で看護主任をした後、帝大の附属病院で働いとりました。
 姉は不格好な鉄かぶとをかぶって、肩に飯ごうと袋をたすき掛けにして帰ってきました。袋の中は何かいなと思って開けてみたら、防毒マスクでした。
 マスクのラベルには「一七年式防空用防毒面」とあり、「内務省規格品」「配給斡旋 財団法人大日本防空協會」のほか、使用上の注意が印刷されています。看護師にはこうしたものが配給されたんでしょうか。
 そのときすでに何度か使った形跡がありました。装着の練習をしたんだと思います。鉄かぶとをかぶった姉の姿は小学生だった私の心に強烈な印象を残しています。
 * * *
 日本における防毒マスクの生産は、昭和17年4月に初の本土空襲を受けた以降に盛んになり、国民にも配給された。しかし、構造は簡易で、毒ガスから身を守るほどの性能はなかったと思われる。大日本防空協会は防空思想の普及徹底、防空事業の促進を目的に昭和14年に設立。終戦と同時に解散した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月8日・第2部(2148号) 1面 (6,481,900byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中