忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

瀬戸内結んだ交流のろしリレー

 2015年07月25日 
煙を焚いて各地を結んだ「のろしリレー」
 瀬戸内を中心に島や岬などで次々と合図の煙を中継する「見ぬ友と心結ぶのろしリレー」が25日に行われ、赤穂市内では御崎の赤穂市立野外活動センターで市民有志が煙を焚き上げた。
 「人と人、地域と地域のつながりを感じながら友情の輪を広げよう」と広島市の市民団体の提唱で昨年に続き2回目。主催者によると、7月17日までに19道府県97地点からエントリーがあったという。兵庫県内では「東瀬戸内赤穂狼煙隊」(矢野英樹隊長)が唯一参加。ドラム缶を縦に2本溶接した煙突を同センターのキャンプファイヤーサイトに立て、約19キロ離れた小豆島町福田からの伝達を待った。
 広島市安芸区の絵下山(えげさん)を皮切りに午前10時に中継をスタート。この日はあいにく空に霞がかかり、風で煙が流れたため小豆島の狼煙は肉眼では確認できなかったが、赤穂隊も湿らせた杉の葉や木材チップなどを燃やして白煙を上げた。
 8月には各地の参加者が顔を合わせる交流会も開かれる。矢野隊長は「参加できて良かった。これからも、赤穂が関西と中四国を結ぶ窓口になれれば」と交流の発展に期待していた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月8日・第2部(2148号) 2面 (6,481,900byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数協議「現状維持」が大半←自治会員(01/26)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←改革派(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←一自治会員(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中